心の病を解決|ストレスの症状が体に現れたら危険信号|プロを頼ってみよう
病院

ストレスの症状が体に現れたら危険信号|プロを頼ってみよう

心の病を解決

女性

近年、心の病を抱えて心療内科に受診する方が増えています。人は色々なストレスを抱えて生きています。そのストレスを解消できなくて蓄積された方が心の病で悩んでいます。東京には、人口の多さから心療内科も多くたくさんの方が受診しています。ストレスには、毎日の積み重ねていく生活の中で起こる家庭や仕事の中のストレス、人間関係が苦手で集団生活の中で生きていけない悩み、自然災害で受けるストレス、東京という都会で生きていくストレス、病気で悩み苦しむ毎日などが考えられます。また、幼少期からの生活の中で歪んだ心に育てられた性格的なものではモラハラ、パワハラなどといった気づかない症状なども注目されています。東京という都会ではたくさんの方が悩み苦しんでいると考えられます。

心の病は本人は気づかないことが多く、周囲の方も「この人の性格」ではないかと考えることがほとんどだと考えられます。イライラして人に対して感情的になったり、平気で嘘をついたり、感情の起伏が激しいこと、人を見下していじめたり、集団生活になじめなくて孤立したりする方は病気の可能性があります。徐々に周囲の人が離れたり、孤立して不安な気持ちになったり、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が頻繁にある方は心療内科へ行きましょう。治療方法は薬物療法、食事や睡眠などの生活習慣を変える、環境を変える、カウンセリングを受けるなどがあります。東京には、多数の心療内科があります。受診をすると治療やアドバイスを受けることができます。